羞恥に濡れた、ランジェリー。友田真希

「こうゆうの穿いて、たまには旦那に迫ってみたら?」 海外旅行のおみやげとして友人から卑猥な下着を渡された優子(友田真希)。 鏡の前でひとり卑猥な下着を穿いた自分の姿をぼんやり見つめる優子は、久しぶりに妻ではなく女としての悦びを噛みしめていた。 そして、新たな下着を購入するのだが、ひょんな事から夫の友人に知られてしまう。 なし崩しに押し倒された優子は、罪悪感を抱きながらも意思とは反対に身体が疼いて…。

【羞恥に濡れた、ランジェリー。友田真希】