人妻家政婦、犯されるままに 松下紗栄子

作品レビュー

失業した夫の再就職がままならず、家賃の支払いが滞りはじめて早半年、里美はいつ追い出されるかと気が気ではなかった。一方、妻を亡くして以来女日照りが続く大家の松岡は里美を我が物にするチャンスとばかりに近づくが…家政婦とは名ばかりの淫らな肉体奉公。拒めぬ要求に葛藤しながらも女の体は背徳の悦びに満たされていく。

肉体奉公 人妻家政婦、犯されるままに 松下紗栄子